Interview

先輩社員インタビュー

開発部:小泉係長
お客様にご満足いただけるシステムを
開発します!
開発:小泉 輝将
趣味:ゲーム、野球観戦

Q.ビジュアルリサーチに入社したきっかけは何ですか?

2011年の新卒で入社しました。学校でプログラムを専攻していたので、SE・PGとして働ける会社を探していました。数あるIT系の会社の中で、会社選びに重視した点は「勤務方法」と「分野」です。勤務方法は、社内で自社製品開発か客先派遣の2種類で大きくわかれており、客先派遣では派遣先が変わるたびにこれまでの知識が使用出来なくなる可能性があるのが嫌でした。様々な知識を身に付けられる面もありますが器用貧乏になりそうだなと思いました。
自社製品開発では長期にわたり同じ案件・関連案件に関われて、一つの分野に特化した知識を身に付けられるだろうと思い自社製品開発を選びました。分野については、IT化が進む中、様々な分野を検討しましたが、移り変わりが激しい業界だからこそニーズが無くならない、何十年後でも廃れていないであろう分野で働きたく不動産を選びました。自社製品開発と不動産で探すと選択肢は限られてきて、業者シェアNo.1で増収を続けてきているビジュアルリサーチに決めました。

Q.仕事内容を教えてください。

主な業務は賃貸管理システム「i-SP」の改造を行っています。最初はプログラムの基本的な箇所から研修で教わっていくためプログラムの知識が無くても問題ありません。研修が終わると1人ずつに教育担当の先輩がつき、上司、先輩が作った設計書を元に簡単な内容からプログラムを行っていきます。
何も分からない状態でいきなり現場に入れられる、ということは無いので安心してください。下流工程で経験を積んだら、設計やお客様との打合せなどの上流工程を任されるようになります。自社製品を開発するうえで上流から下流まで経験出来るので、色々な経験を積めるのが楽しいです。
経験を積んだ上で、設計ではなくプログラムをやりたい、技術を身に着けたいという人はその道を選ぶことが出来るので、自分がやりたい道を選べるのがビジュアルリサーチの良いところだと思います。今は大企業のお客様を担当しており、億に近い金額のプロジェクトを担当しているのでプレッシャーもありますが、遣り甲斐と充実感があります。

Q.仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

今は設計業務を主に行っていますが、作り手側の都合ではなく使い手側の気持ちを考えるようにしています。
お客さんの要望を今回の改修でかなえられているか、業務頻度から操作が負担になる作りになっていないか、作った結果使いづらく使われない機能になるのはお互いにとって良い結果ではないので、要望が膨らんで工数内に収まらない時は素直に出来ないとお伝えして、いくつ工数があればこのように出来る、と提示するようにしています。

Q.将来の目標・やってみたいことを教えてください。

今は先輩達が開発した看板商品「i-SP」の改造を担当していますが、システムの改造だけではなく、新しいシステムの開発を担当したいと思ってます。今担当しているお客様から新システムを導入したい構想もお聞きしていますので、不安1割・楽しみ9割の心境です。正式に決定したら、お客様にご満足いただけるシステムを開発したいと思います。

Q.ビジュアルリサーチはどんな会社ですか?

毎年、年末になると社長・役員・各部長から翌年の方針・計画・具体策の発表の場が全社員向けに用意されているので、数年後のポジショニングをイメージしやすく、会社に対する将来の不安を感じることなく、安心して仕事が出来る環境だと思います。
また、開発部の現場は、先輩社員との距離感が近く、月並みな言葉ですがアットホームな職場です。仕事では厳しい上司・先輩ですが、プライベートでは一緒にゲームしたり、スポーツ観戦に誘っていただけたりするので、相談もしやすく、意見が言いやすい環境なので、人間関係でのストレスに悩まされることも無く働けるので満足しています。

先輩社員インタビュー 一覧へ

Entry
マイナビ2021エントリー