第二十七回「不動産WEBサイトの活用法」

今回は、不動産WEBサイトの活用法についてお話をしていきたいと思います。

著者:不動産IT技術研究会

不動産情報サイトの運営

みなさんの会社では不動産情報サイトをどのように運営していますか?おそらく、自社のホームページとポータルサイトを併用している会社がほとんどかと思います。 引っ越しシーズンになると、大手不動産サイトのCMがTVでたくさん流れているのを観ることができます。 大手ポータルサイトというと、以下のようなサイトが有名ですね。  

  • アットホーム
  • ホームズ
  • SUUMO
  • CHINTAI

  各社のサイトを比較してみると、アットホームはトップページにあらかじめいくつかの条件(敷金・礼金ゼロや高級賃貸など)のリンクが設けられているのが特徴です。 検索サイトはどうしても条件入力が手間だったりしますので、その点は便利です。ホームズはトップページがシンプルなので、ユーザーライクなインターフェイスになっているように思います。 SUUMOとCHINTAIは不動産関連記事やお役立ち情報などのリンクが設けられており、どちらかというとじっくりとサイトを観たい方向けのように思います。 ポータルサイトは、CMも流しており、また検索サイトでのSEO対策もばっちりです。費用はかかるものの、不動産会社として活用しない手はないと思います。 では、ポータルサイトに部屋探しは任せて、自社のホームページは放っておいてもいいのではないかと思うかもしれませんね。 ポータルサイトは全国を対象としており、情報量も圧倒的ですが、その分細かいところに手が届きません。そこに自社のホームページの入る余地があるわけです。 みなさんの会社はその地域の最新でかつ詳細な情報を持っているわけです。その点を自社サイトに掲載して、独自のカラーを出すようにしましょう。また、家主様向けの自社コンテンツなども設けて、家主様へのサービスの向上にも努めましょう。  

導入事例

[香川県]株式会社アルファ・トマム 様

[岐阜県]ハートフルマンション株式会社 様

[島根県]株式会社レテック 様

[大阪府] 株式会社レンタックス 様

[神奈川県] 株式会社西田コーポレーション 様

まずはお気軽にご相談ください

お電話で、メールフォームで。どんなご質問にも誠心誠意ご対応いたします。
気になることは遠慮なくご連絡下さい。

お電話でのご相談

03-6826-1120

受付時間 /10:00~12:00 13:00~18:00 月曜日から金曜日(祝日を除く)

システム・サービス一覧

賃貸管理システム
仲介支援システム

家賃保証サービス